2019年04月26日

お別れの時

さつまの里ではご利用者様が安心してお過ごし頂く事を目指して、またご家族にとり大切なご家族の最期の時間の為に個別ケアの介護に取り組んでおりますがその最期は突然にやってくることもあります。

庭のハナミズキの蕾が膨らみ始めた頃、さつまの里にて4年半お過ごし頂いている女性のご入居様H様がご持病が悪化し突然お亡くなりになりました。
覚悟をして介護に取り組んでいるとは言え、突然起こるお看取りは職員たちも実感が湧かず受け止めきれない想いにもなります。

H様は、知的障害をお持ちで花と歌が大好きな明るい女性でした。

H様は歌の時間を何より楽しみにしていらっしゃり毎週来訪される音楽療法のピアノの先生をとても慕っておられました。毎日のように先生のお話をされるので、介護士や他部署の職員の間でも歌が好きな事、先生を慕っている事は有名な事でした。

”今日は先生がくるの”
”先生はイヤリングをしているの”
”先生はピアノをひくの、歌が上手なのよ”
”車に乗ってくるのよ”
”声がとてもきれいなの”

短い言葉で少女のようにお話される姿に、その純粋な思いを大切にしたいと職員たちも思わされていたように思います。しかしH様の最期の時は本当に突然やってきて、”もうすぐ花が咲きそろう時期がやってくるから外出の計画をしよう”と思っていた矢先の出来事でした。

突然の知らせを受け、職員一同、実感が湧かずにいましたが居室担当の職員にある想いが湧きました。

〜H様の旅立ちにもう一度先生の歌を聴かせてあげたい〜

その想いを相談員が受け、翌日来訪予定の先生に電話でお伝えすると二つ返事で引き受けてくださいました。
また当日、居合わせていた歌声ボランティアくまちゃんの会の皆様にも想いをお伝えすると、参加したいとの御意思を頂き、各部署の協力を得て、H様のご遺体の前に先生、職員、ボランティアの皆様が集いました。

ピアノの伴奏で”あざみの歌”の独唱が始まると、居合わせた職員、ご入居者様、ボランティア様、それぞれの想いが溢れ、涙の時間となりました。

続いての歌には、歌声ボランティアの皆様、職員たちも入り、合唱となりました。

こうして皆で歌う事で、それぞれの想いが歌にのりH様に届いたと感じる事ができる場になりました。

ボランティアの皆様にとっては見ず知らずの方の最期の時間だったと思います。

介護という仕事を通し介護士が感じた事が火種となり、日々違う立場で活動して、それぞれを生きている方々が想いを分かち合えた事、また”特養での旅立ちの時間”を共有する事ができる貴重な場面になったのではないかと思います。

H様の存在が、私たちの施設にもたらしてくださった事を大切によりよい介護を提供できるように、また地域と共生するという特養の目的を果たせるように”想い”を繋げる努力をしていきたいと思いました。

葬儀を終えご来設されたH様のご家族に”さつまの里で過ごした4年半が彼女の人生のうちで最も幸せな時間だったと思います”とのお言葉を頂きました。

さつまの里では、今ハナミズキが満開です。
16E66AD0-B18F-4BCC-97BE-CCBB7B42110E.jpeg




posted by satsuma at 10:08| 日記

2019年04月07日

歌声ボランティア〜くまちゃんの会〜

さつまの里のデイサービスでは、毎週水曜日の午後1時30分〜音楽療法のプログラムを実施しております。
講師の先生のピアノの伴奏に合わせて、
歌を歌う時間となります。

合間には、先生やスタッフの楽しいお話しがあり、施設のご入居者様もデイサービスの部屋に集い、みんなでピアノを囲みます。

ある時、この取り組みを聞いた地域の歌声サークルに所属する方々が、お手伝いがしたいという事でさつまの里を訪ねて来て下さいました。

そのサークルの活動を伺うと、毎週近隣の自治会館に集い、シンセサイザーの伴奏に合わせ様々なジャンルの歌を歌っているそうです。
サークルの会員はなんと100名近くいらっしゃるそうです!

皆さまはお話を聞けば聞くほどに目を輝やかせ口々にサークルでの音楽活動の恩恵をさつまの里のスタッフと講師の中島先生に伝えて下さいました。

………

皆が集い伴奏に合わせ歌を歌うと
元気がでる

悲しい事がある時は
歌を歌いながら涙が溢れる

みんなで歌うととても楽しい

とにかく、歌う事が大好きなんです!!

…………

このお話を伺った翌週に早速打ち合わせの時間を持ちました。
その打ち合わせでは
皆さまへの音楽に対する愛情と
音楽には癒しの力がある事を
講師の先生と共有した後、この中島先生の音楽療法プログラムをお手伝いする事を通して地域貢献したいとの想いを形にするべく、ボランティアの皆様にはチームの名前を決めて頂きました!

当初、
講師の先生の笑顔が向日葵のようだから
ひまわりの会にします!
との意見が出ていましたが

ボランティア開始の当日
やはりくまちゃんの会にしました!と
可愛いくまちゃんのマスコット人形をつけておいでになりましたくまハート

チーム名変更のご事情はさておき…(笑)
くまちゃんの会が発足です〜〜きらきら

毎週水曜日のデイサービスでご活躍をして頂く事になりました。

                   3AE8449A-16A4-4E45-B6DC-0DD8AC1CF92C.jpeg
中島先生と素敵なくまちゃんの会の皆さんです!

せっかくなので
撮影準備風景も載せさせて頂きます♪
      0E997AF0-5757-4D72-A54E-AA5F81FAAE51.jpeg  C291FC91-3E05-49D9-8D30-65EB7E95A012.jpeg
あら、写真撮るの?
座って、座って。
くまちゃん見えるかしらと大騒ぎきらきら
楽しそうです〜。

                0E74C1E1-C2F6-473A-8F1D-F9AC505FE66F.jpeg
ついでに施設職員と先生でもパチリ♪
ひまわりみたいな素敵な笑顔です〜ひまわり

さつまの里は、地域の皆さまと共生しながら施設を運営したいと取り組んでおります。

皆さまのご好意が今後もご無理なく続けられるよう、また、思い合い助け合う楽しさを提供できる場であり続けられるように取り組んで参ります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


posted by satsuma at 21:40| 日記

2019年04月05日

農園プロジェクト〜その2〜

"やろう会"による、さつまの里農園プロジェクトが始まりました〜!
まずは、荒れ放題の施設の裏の一角の草取りからどんどん進めていきます。

25948C16-738F-4EF2-903F-01248222BFF1.jpeg

作業しながら、
団塊世代の学生時代のお話がでてきたり
B5902FF0-1C1B-4167-A9A9-98C0E036E6F1.jpeg
耳を傾けるとついつい笑ってしまう、
お二人の掛け合い。

ED1E7DD4-F8C4-4996-A3F7-318BEC2C4967.jpeg

お二人のお話をよそに写真奥で
黙々と作業を進めるのがやろう会の会長。

お三方のチームワークの絶妙なバランスきらきら

0A38A38E-A787-4711-B0D9-E16E0A025EE9.jpeg
色々なご経験があって
豊かなお気持ちがあるから
こうして地域のボランティア活動を楽しんでいらっしゃるのが伝わってきます。


あっという間に草はなくなり、
土が見えてきました!

74DCE73D-102E-48CC-A89F-797CA85CD457.jpeg

次はここに少し石灰を混ぜて、土壌を整えるそうです。

次の工程もお楽しみに〜〜♪


posted by satsuma at 21:25| 日記